メトロポリタン歌劇場副指揮者等による 歌手と伴奏ピアニストのためのワークショップ

全コースに充実した奨学金をご用意しております。

奨学金受給者は申し込み内容から決定いたします。優秀な応募者には、学費と通訳代の全額免除に加え、交通費(上限あり)が支給されます。


2019年 募集要項


募集部門

歌手、ピアニスト 合計15名程度


開催期間

2019年5月24日(金)~  6月8日(土)


応募期間

2018年9月1日(土)~ 2018年4月15日(月)


コース

歌手向けコース 内容 出演演奏会 受講料

通訳代*

 Aコース

オペラシーンと個別コーチングのコース

Bコースと同じ個別コーチング

Cコースと同じオペラ・シーン稽古

 

 

マスタークラスでの演奏

オペラ・シーン演奏会

修了演奏会

15万円 2万円
Bコース

個別コーチングのみのコース

8回以上のプライベート・コーチング

マスタークラスでの演奏

修了演奏会 12万円 2万円
Cコース

オペラ・シーンのみのコース

2回以上の音楽稽古

3回以上の立ち稽古からなる

オペラ・シーン稽古

マスタークラスでの演奏

オペラ・シーン演奏会 8万円 1万円
ピアニスト向けコース        
ピアニストコース 

8回以上のプライベート・コーチング

マスタークラスでの演奏

オペラ・シーン稽古での担当曲演奏

ドラマティック・コーチングや、

担当以外のオペラ・シーン稽古の

お手伝いをお願いする場合もあります。

オペラ・シーン演奏会

修了演奏会

15万円 2万円
体験コース        
ミニコース

3回のプライベート・コーチングのみ

A/B/C/ピアニストコースの受講生が優先

ですので、受講可否の決定と受講可能な

時間帯には制約がございます。

なし 5万円 9千円
一回のみ受講

1回のプライベート・コーチングのみ

A/B/C/ピアニストコースの受講生が優先

ですので、受講可否の決定と受講可能な

時間帯には制約がございます。

なし 2万円 3千円

*コースへの全参加が難しい場合はお気軽にご相談ください。受講回数のアレンジをできる場合がございます。

*ご不明な点はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

*受講申し込みは無料ですが、5月10日(月)以降の受講キャンセルは、奨学金付与の有無にかかわらず、所定のキャンセル料を申し受けます。

*申し込みにはGoogleアカウントが必要です。Gmailアドレスをお持ちでない方はこちらより作成をお願いたします。

 

聴講と入場について

コース参加者は、プライベート・コーチング聴講、マスタークラスの聴講、オペラ・シーン演奏会入場、修了演奏会入場は無料です。

*プライベート・コーチングの部屋はスペースに限りがございます。聴講は先着順とさせていただきます。

 

通訳について

日本語⇔英語 の通訳をご用意しております。 

マスタークラスには通訳がついています。 

個別コーチングの通訳については、通訳代を申し受けます。通訳代をお支払いいただいた場合、すべてのコーチングとオペラシーン稽古に通訳がつきます。

*通訳希望の有無は応募の際にお知らせください。

 

会場について

浦安音楽ホールのスタジオとホールを利用いたします。

浦安音楽ホールはこちら(外部サイト)になります。


講座内容

個別コーチング

ヴォーカル・コーチ、もしくはドラマティック・コーチから個別で曲についてのレッスンを受けます。

 

ヴォーカル・コーチング:

歌曲、オラトリオ、オペラ等、ジャンルを問わずどのような音楽もコーチングを受けることは可能です。また、ソロ曲のみならず、アンサンブル・パート、レチタティーヴォなど場面も問いません。

 

ドラマティック・コーチング:

暗譜で歌えるオペラのシーンをご用意ください。1回のコーチングにつき10~15分程度の演奏時間の曲をご用意ください。(曲数は複数になって構いません。)アリア、レチタティーヴォなど場面は問いません。コーチングごとに新しい曲を持って行く必要があります。準備にはご注意ください。

 

個別コーチングは一回45分間です。

*歌手の皆さまはピアニスト手配の必要はありません。ピアニストの皆さまは、受講生の中から歌手を連れてコ

ーチングを受講することも可能ですが、歌手を必ず連れて行く必要があるわけではありません。

*コーチの指名はできません。事務局でアレンジいたします。

 

マスタークラス

各コーチによるマスタークラスを開催します。

声楽家向けA・Bコースおよびピアニストコースの受講生はマスタークラスでの演奏の機会があたえられます。

一人当たりの持ち時間は30分。演奏曲は担当の先生と受講生で話し合って決めていただきます。

個別コーチングでは見てもらっていない曲を見ていただくことになりますので、ご注意ください。

*どのコーチのマスタークラスで演奏するかについて指名はできません。事務局でアレンジいたします。

 

オペラ・シーン演奏会

開講初日にファカルティが指定するオペラ・シーンを上演します。

シーンごとに、音楽稽古2回以上、演出稽古3回以上、ドレス・リハーサル(GP)が行われ、オペラシーン演奏会を

迎えます。オペラシーンの指定は受講の1週間程度前にお伝えいたします。ただし、受講オリエンテーション日の試聴会で必要が認められた場合は曲目が変更になる場合がございます。

*指定されたオペラ・シーンを受講生が変更することはできません。

 

修了演奏会

歌手受講生は個別コーチングで学んだ曲から、ファカルティが指定する曲を各自一曲演奏します。伴奏はファカルティが行います。ピアニスト受講生は受講生との共演を基本とします。コース・スタッフやそのほか本コース関係者との共演を希望する場合、マネージング・ディレクターに相談の上、決定ください。本コースと無関係な共演者との共演は認められません。


声楽のレッスンについて

本プログラムは二週間の短期プログラムであるため、プログラム中に声楽のレッスンは設けておりません。しかし、ご希望やコーチの推薦により、佐野成宏先生、重松みか先生など、世界で活躍されている先生をご紹介し、受講いただくことが可能です。


受講期間中のスケジュール調整について

期間中、理想的にはお時間をすべて開けていただき、ご自身のレッスンがない時間も他の方のレッスンを聞いていただくことが技術の向上につながります。しかし、皆さまもお忙しいことと存じます。

本プログラムは、ご自身が個人レッスンをお受けになる回数の一日約1-2時間、及び、ご自身が歌われるマスタークラス、出演される演奏会の稽古・リハーサルにのみ参加いただければ、プログラム参加が可能となるようにスケジュールを組んでいます。

ただし、スケジュール調整はお申込み順で優先的に行います。したがって、全ての希望をお受けできない場合がございます。また、希望スケジュールがかなわなかったことによる受講キャンセルについての払い戻しは致しかねます。お忙しい方はお早目のお申し込みをお勧めいたします。


ワークショップ申し込みフォーム

以下からお申し込みください。

*申込時に録音・録画による審査を行い、申し込みいただいた順に順次審査結果をご連絡いたします。

*ただし、奨学金受給審査は受講審査とは別に行われます。遅くとも5月7日までには対象者に連絡いたします。

*応募書類、音源などは返却いたしませんのでご了承ください。 

本コースは受講に条件を設けておりません。しかし、受講には音大卒もしくは同等以上の実力が必要です。また、オペラ・シーン演奏会のあるAコースの受講生は20代半ばから30代が中心です。